乾隆長寿と足湯のVKWEIKU増大させるパンツ方法と関係がある

『p』たかし皇帝在位60年,VKWEIKU増大させるパンツ、89歳、七代目の愛おし、歴史上寿命最も長い皇帝である.乾隆帝に注重して足の養生は、足の養生法をまとめ、晨起三百歩、夜一一人用の浴室.夜の一一人用の浴室とは、中国の悠久の歴史の足湯.

乾隆足湯の操作方法は:1匹の深いたらいを取り、その深さを収容できる全体のすね.たらいの中に入れてお湯の温度に適し、足を入れてたらいの中を指でゆっくりと、一貫して、やさしくマッサージ足は、足の甲から次第にマッサージ土踏まず、マッサージ局部、快適で筋肉が緩む.

乾隆は乾隆の足の足湯の時、いつでも鉢に入って熱湯に入って、十分な足湯時間を確保するため、最優秀保健の効果を発揮します.足浴時、彼はまだよく要求はタライにサイシン、紅花、艾葉、穿山甲、シナモン、丁香など、通経、すばしこくて、納得がいく効果の漢方薬、それ足湯保健効果.

足湯の保健効果漢方医は早く発見されている.一年での季節変化によって、人々は足湯の効能をまとめ、春足湯、升阳固脱;夏暑い濡れる足湯、行くことができます.秋には足湯、肺便秘ぬらす;冬足湯、丹田温ほてる.

現代研究では、乾隆の長寿と彼の足の習慣に大きな関係があると考えている.足湯を行う時,足の皮膚の上の神経受容器は水温の刺激を受けて、この刺激は神経を通じて内臓器官に伝導して、内臓機能の作用を調節する作用を調節することができます.寝る前に熱湯で足湯、中枢神経システムには温和な刺激が生まれ,脳皮質が抑制状態に入り、エンロン.足湯は局所組織中乳酸など代謝産物の排泄促進を促進し、疲労感を解消したり.そのため、中高年には足の血管機能を強め、睡眠、疲労回復、人体免疫力を増強され、免疫作用を強めます.▲▲

(刘东良『長沙晩報」より抜粋)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です